*All archives* |  *Admin*

<<07  2017/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
菊の花
Satoの実家の実家からの頂き物
確か、山形では「もってのほか」とか「もって菊」とかって呼ばれているとか
以前単身赴任していた父が持ち帰ってきて家でも食べたことがあるお花
wP1240534.jpgwP1240535.jpgwP1240551.jpg

不思議な名前の由来は「天皇の御紋である菊の花を食べるとはもってのほか」だとか「もってのほか(思っていたよりもずっと)おいしい」からだとか言われてるそうですよ

シャキシャキ感がおいしさの秘訣なので茹ですぎないのがコツだそう。
茹でると鮮やかな紫色に変わり、目にも楽しい食材のようです
(なにせ自分で料理するのはこれが初めてなので聞いた話しばかり

茹でた花びらを酢の物にするのが一般的だけれど
他にも味噌汁にしたり、くるみ和えにしたり・・・
産地の山形や新潟では様々な使い方があるようです。

同じ食用菊で黄色もあるのだけど、こちらのもってのほかのほうが味はいいとか
ての酢の物や、みそ汁の具などもメジャーな食べ方のようです。
「もってのほか」のお料理メモ

花弁を手で外し、ざっと洗ってから酢をほんの少し入れたお湯でさっと茹でる。
茹で上がったものは水に放し、水気を絞ってから料理に使います。
色鮮やかに茹で上がったもってのほかを使っていろいろにアレンジ

もってのほかのおひたし
茹でたもってのほかにお醤油やポン酢をかけて・・
(一番シンプルな食べ方
これにさっと湯通ししたレタスをあえてもおいしい
レタスの優しい緑色ともってのほかの赤紫色がなんとも華やかで目にもおいしいですよ

もってのほかとポテトサラダ
茹でたもってのほかをふだんのポテトサラダに合えるだけ(笑)
もってのほかのピンクが入るとこれまた華やかに変身

このもってのほか、小分けにして冷凍保存が出来るところが素敵
お漬物やこれからの季節においしい青菜のおひたしに混ぜたり
それからパスタに絡めてみるのも良いかな~
なかなかない色なのでお料理の彩りを添えるのに大活躍しそう

この菊、実家では栽培してるけど食べられるほどに育つのかな?
この地域でも栽培できるなら是非新居のお庭でも育ててみたいなぁ

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

+What's new?!+
+Category+
+Comments+
Link
+Trvel Diary+

検索
*育児情報*

+All About チビダス+

Profile

Jun☆

Author:Jun☆
遊びに来てくれてありがとう!!更新期間がだいぶ不定期になっていますが…日々あわただしくも元気に過ごしています。

☆小さな幸せを大切に、感謝の気持ちを忘れず日々のんびり楽しく過ごしていきたいものです☆

Thank you for your visit!

今日は・・・?




*script by KT*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。