*All archives* |  *Admin*

<<09  2017/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  11>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
桃の節句
ひな祭りなのでRinの食事もお雛様に!!
出来は・・・決してほめられたものではないけど(笑)
わが家のお雛様は京雛なので、それにあわせて
お雛様とお内裏様の位置が関東風とは逆にしてあるの
wP1160153.jpg    wP1160211.jpg
寝起きのクセにものすごい食欲(笑)
昨日に引き続き手づかみの食事に大喜び
wP1160125.jpgお雛様の前で記念写真
パパちゃんはお祝いのお酒が過ぎて辛そうなので家族写真はお預け・・・
桃の節句(上巳の節句)=ひな祭り・・?
ひな祭りは、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いとしての「桃の節句」が徐々に庶民の間にも定着していったもの。これは単なるお祭りではなくお七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事とされている。
その昔、上巳の節句は野山に出て薬草を摘み、体のけがれを祓って健康と厄除けを願う行事だったものが宮中の紙の着せかえ人形で遊ぶ「ひいな遊び」と融合し、自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」へと発展して言ったと言われているよう。その後、流し雛から現在のようなお雛様を飾るひな祭りへと変化していったとか。
お雛さまは赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなもの。そのため、一人に一飾りと言われるのだとか。親の物を赤ちゃんに譲ったり、姉妹で一飾りを兼用していくというのは本来の意味からすると良くないことみたい。
赤ちゃんの健やかな成長を願う意味でも特に初節句は省略せずに家族みんなで祝いたいもの


・・・5つの節句・・・

人日(じんじつ)/陰暦正月七日「七草がゆ」
上巳(じょうし)/陰暦3月3日「桃の節句」
端午(たんご)/陰暦5月5日「端午の節句」
七夕(たなばた)/陰暦7月7日「七夕祭り」
重陽(ちょうよう) /陰暦9月9日「菊の節句」
9月9日の重陽の節句以外のお節句は現代まで残ってそれぞれに祝われている行事。

tag : ひな祭り

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

コメント

+What's new?!+
+Category+
+Comments+
Link
+Trvel Diary+

検索
*育児情報*

+All About チビダス+

Profile

Jun☆

Author:Jun☆
遊びに来てくれてありがとう!!更新期間がだいぶ不定期になっていますが…日々あわただしくも元気に過ごしています。

☆小さな幸せを大切に、感謝の気持ちを忘れず日々のんびり楽しく過ごしていきたいものです☆

Thank you for your visit!

今日は・・・?




*script by KT*

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。